適格現物分配の仕組みがわかりません

法人が適格現物分配によって被現物分配法人にその保有する資産の移転がなされた。このときは、当該被現物分配法人に当該移転した資産の当該適格現物分配直前の帳簿価額による譲渡をしたものとし、現物分配した法人の所得の金額を計算することとなっています。ただし、当該適格現物分配が残余財産の全部の分配であるときには、その残余財産の確定時の帳簿価額となる(法法62の5(3))。ので注意しましょう。適格現物分配が剰余金の配当もしくは利益の配当または剰余金の分配によっておこなわれた場合は、その交付を受けた資産のその交付直前の帳簿価額に相当の金額を利益積立金額から減算します(法令9(1)四)